きゃしこのひまログ

東大卒おかんが良さげな自宅学習法を探し、中1息子に試行させて効果検証するブログです

福嶋先生の[国語読解]の高校受験向けのハンドブックで力試しを

こんにちは、きゃしこです。

中1息子が国語力を上げるためにここ1か月の間、小学生向けのふくしま式国語力を上げる問題集3冊取り組みました。『「本当の国語力」が身につく問題集小学生版ベーシック』、『ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集2』、『ふくしま式「国語の読解問題」に強くなる問題集』。

福嶋先生の伝えたいことはなんとなくは理解した様子の息子ですが、さらに国語力を定着させるべくあるいは国語力がついたか確認したく、次に取り組むのに適した問題集はないかと探したところ、福嶋先生が中学生向けにこんな本を出されていたことを知りました!

高校受験[必携]ハンドブック 国語読解[完全攻略]✨22の鉄則

タイトルからして今の息子の力試しにめちゃめちゃ良さそうな予感!Amazonのレビューをざざっと確認して早速入手しました。

届いてみるとハンドブックというだけにそのコンパクトなサイズ感にびっくり。片手で持ってパラパラとめくって読めるくらいの大きさで文庫本を少し縦長にしたような感じです。紙は上質で、ハンドブックとして長期にわたり手元においておきたい気持ちのよい触り心地と見た目です。

 

さて、中身はといいますと、読解問題における鉄則が22個あるわけですが、ひとつの鉄則につき4~6ページで説明されています。見開き1ページ目の右ページに鉄則の要点がタイトル&わかりやすい要約で説明されており、左ページに問題があって自分で考えさせます。ページをめくって見開き1,2ページで問題の解説となっています。最後に一文で書かれたポイントも見逃せません。

 

コンパクトな本の中に小さな文字でふくしま式エッセンスがぎゅっと詰め込まれています。はじめにの部分でふくしま式のいうところの国語力、論理的思考力も簡潔にまとめられているので小学生版に取り組んでいない人でもここが理解できれば、鉄則のいわんとしていることが伝わると思います。

 

さて、息子さん、さっそくこちらに取り組んでみました。(鉄則ごとの問題を見て、私は息子には少し難しいかな?と思っていたのですが)こちらの心配をよそに、「おっしゃ!正解!!」「これ出てたなー、知ってる知ってる!ほらね」と、これまでの問題集で習ったことを思い出し、活用しながら、鉄則1、2、と解き、読み進めていました。

このレベルの問題が理解できるようになったのは大きな一歩!うれしく思いました。もし小学生向けの問題集をせずにこの鉄則シリーズに取り組んでいたら、途中で息子は嫌になってたんじゃないかな、と思います。

少し遠回りしましたがそれも大切なこと、少しずつでも自信につながる身についたことが実感できる学習をしていってほしいです。がんばー!

 

 

kyashikoma.hatenablog.com

 

kyashikoma.hatenablog.com

 

kyashikoma.hatenablog.com